全身に転移した水虫も病院に行かずに治す

身体のいたる所へとうつってしまった水虫も病院に行かずに治せる

水虫の原因菌(白癬)は、全身にどこでも感染するカビです。

 

身体のどこかに感染すれば、「たむし(体部白癬)」と呼ばれ、股部にうつれば「いんきん(股部白癬)」という呼び名になります。

 

ここでは、いんきんやたむしについてお話ししますね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

水虫(白癬菌)は全身に転移する記事一覧

いんきんたむしの原因や治療方法

恥ずかしくて不潔だと思われがちな病い、水虫。これが陰部(股部)のいんきんとでもなれば、患者本人からすれば余計に恥ずかしいかもしれません。「いんきんたむしは病院に行きづらい。恥ずかしい。」こう思う方が多いというのも、頷けます。水虫もいんきんも、高温多湿の日本で暮らす以上誰もが感染する可能性を秘めている...

≫続きを読む

 

白癬菌が全身に感染 身体中に湿疹がでて痒い

水虫(爪白癬含む)を患っている方や、白癬菌を持っているご家族と同居していると、身体のどこに感染してもおかしくはありません。白癬菌が身体に感染すると、タムシと呼ばれるのですが、タムシは痒みが強く、爪で引っ掻いてしまうので、感染拡大しやすいのです。どんどん、広範囲に広がってしまう病気です。ただ、薬を塗り...

≫続きを読む