爪水虫 爪白癬を病院に行かずに自力で治す方法

爪水虫に海外のネイル式塗り薬は効果があるのか?副作用は?

爪水虫・爪白癬に海外の塗り薬である海外の塗り薬は効果があるのでしょうか?

 

そして、副作用は心配ないのでしょうか?

 

妊婦の方やこれから妊娠を望む女性などは、病院でもらう飲み薬が飲めないことも多いはずです。

 

そんな女性も、ネイル式の塗り薬に興味がある方も居られると思います。

 

このページでは、ワタシ自身がネイル式の塗り薬を使った感想を、正直に書かせていただきます。

 

まず、使用期間、正確には覚えていませんが約3か月ほど使ったと思います。

 

ちゃんと正規品を購入しましたよ。

 

そして、爪水虫に対して治療効果があったのか、結論から言わせてもらいますと、効果は全くありませんでした。

 

それどころか、副作用なのかアレルギーなのか分かりませんが、全身に蕁麻疹が現れてしまいました。

 

順を追って説明させてもらいますね。

 

使用から1か月ほどで、まず塗っている部位の周りが痒くなってきました。

 

そして、細かい水疱(すいほう)が出現しました。

 

もちろん、これがネイル式の塗り薬の影響だとは最初は微塵も考えることかなく、使い続けました。

 

むしろ水虫の再発を考えました。

 

ですが、それから10日ほどすると、今度は全身に蕁麻疹が現れてきたではないですか。

 

とにかく蕁麻疹を抑えるために、近所の薬局で抗ヒスタミン剤を購入し、それを飲み続け蕁麻疹とも戦い続けました。

 

この間も、ネイル式の塗り薬は使い続けていました。

 

正確には覚えていませんが、ここからさらに2カ月近く使っていた気がします。

 

そして、あるとき思ったのです。

 

爪水虫はともかくとして、足の指には市販の水虫薬を長年塗り続けていましたので、皮膚に感染した水虫そのものは治っているはずです。

 

それなのに、足の指に炎症と湿疹が起きているのはおかしいのではないか?と。

 

そこで、実験的にネイル式の塗り薬の使用をやめてみたのです。

 

すると驚くべきことに、使用中止からわずか3日で、足の指の炎症が抑えられていき、体中に出ていた蕁麻疹も一気に治まってくるではありませんか。

 

使用中止から10日ほどで、蕁麻疹は完全になくなり、足指の水疱や炎症も完治しました。

 

「あれはやはり、ネイル式の塗り薬の影響なのだろうか・・・?」

 

疑り深いワタシは、この時点ではまだ確信が持てずにいました。

 

その後、1か月半ほど過ぎたころ、もう一度ネイル式の塗り薬を試してみたのですが。

 

使用2日目で、またもや塗っている足の指に水疱と炎症、痒みが出現してしまいました。

 

この時になって初めて確信。

 

「ああ、ワタシには合わない。」

 

これが、薬剤によるアレルギーなのか、この薬による副作用なのかワタシには分かりません。

 

ただし、ワタシは日本の薬を使って一度もアレルギー反応が出たことがありません。

 

ですが、ネイル式の塗り薬に関しては何かしら身体の異常反応が出てしまいました。

 

海外の薬が強すぎるのか、もしくはたまたまアレルギーのある成分が含まれていたのか・・・?

 

そして、肝心な治療効果の部分でも、ワタシの爪水虫には全く効果が無かったのです。

 

合計3か月ほど使用したと思いますが、全く効果なしでした。

 

もちろん、メーカーの注意書き通りの使用方法をしましたよ。

 

それでも、効果は見られず。

 

全てのことは、ワタシだから起こった現象かもしれません。

 

ワタシ1人の体験だけで、「ネイル式の塗り薬には効果もないし、怖い副作用がある!」と結論付けるのは早計です。

 

あくまでもワタシ個人の体験談であり、感想(評判)であると判断していただきたいと願います。

 

ただし、もしもワタシの家族が爪白癬に悩み、ネイル式の塗り薬を使おうとしていた場合、絶対に止めます。

 

ワタシ個人は絶対におすすめしない商品だからです。

 

いろいろ試行錯誤した結果、一番効果があった方法は間違いなくこれでした。
(「これ」というのはこの記事で紹介しています⇒爪水虫・爪白癬を病院に行かずに自宅で治療した方法)

 

この記事があなたのお役に立てることを祈っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

爪水虫に海外の塗り薬は効果があるのか?副作用は?関連ページ

水虫の専門医(専門の皮膚科)を探しています
水虫の専門医(専門の皮膚科)というのは、存在するのでしょうか?
爪水虫は削って治すな
爪水虫は削って治るのものなのか?市販薬との併用で完治するのか?その方法は大きな間違い。