爪水虫 削って完治するのか?

爪水虫を削って治そうとすると、白癬菌が全身に転移する

爪水虫を削って治そうとする方がいらっしゃいます。

 

皮膚科の内服薬を併用している方はそれでも良いかもしれません。

 

でも、爪を削った上で薬局で買えるような塗り薬(市販薬)を使って治そうとしている方は、ちょっと待ってください。

 

その方法はとても危険な可能性があります。

 

というのも、この間こんな方にお会いしました。

 

その方は長年爪水虫に悩んでいたようなのですが、ネットで爪を削って市販薬を塗り込めば完治するという情報を知り、試してみたそうなのです。

 

ネット情報を信じて、お風呂場で毎日爪を削っていたそうなのです。

 

結果、どうなったと思いますか?

 

白癬菌が全身に転移して、顔と手の爪まで水虫になってしまったのだそうです。

 

恐ろしすぎます。

 

というのも、爪水虫というのは爪そのものが原因菌である白癬菌の塊と言っても過言ではないわけです。

 

それを削るとどうなりますか?

 

目には見えないくらい細かい粉(白癬菌の塊)となって空気中に舞い上がり、あなたの体中(特に細かい部分)に入り込んでしまいます。

 

体中へと感染拡大してしまうのです。

 

細かい粉は体中の隅々まで飛んで付着しますので、その後全身を洗ったとしても、洗い残しが少しでもあれば感染拡大してしまう可能性が十分にあるのです。

 

実際、ワタシがお会いした方は、白癬菌が顔や手の爪にも感染したというから、怖すぎますよね。

 

皮膚に感染する分には、市販薬で治るのでそれほど面倒ではないですが・・・爪の中に入り込んでしまったり、頭皮に感染してしまったり、滅多にないことではありますが鼻や目などの粘膜に感染してしまうと、もうかなり厄介なことになってしまいます。

 

そうなってしまっては、もはや個人の手におえる状態ではないわけです。

 

そんな最悪の状態にならないためにも、爪水虫を削るのは良い方法とは言えないでしょう。

 

ただし、重ねて言いますが皮膚科で内服薬を貰っている方でしたら、削るのも悪い方法ではないように思えます。(内服薬は高額なうえに、肝臓へのダメージも大きいですが)

 

そして、多くの爪水虫は、削らずに治る事を知っていただきたいと願います。

 

もちろん、内服薬も使いません。

 

ワタシは、そういった体にとって有害なことは一切せずに、完治させました。

 

体に優しく、経済的に優しく、尚且つ誰にも知られずに爪水虫を治せるなんて、夢のようです。

 

一度試す価値は多いにあると思いますよ。

 

以下が私が実際に行った方法を詳しく書いた記事ですので、お読みいただければと思います。
爪水虫・爪白癬を病院に行かずに自宅で治療した方法

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

爪水虫は削って治すな関連ページ

爪水虫に海外の塗り薬は効果があるのか?副作用は?
爪水虫・爪白癬に、海外の塗り薬である海外の塗り薬は効果があるのでしょうか?また副作用の心配や妊婦の方が使っても大丈夫なものなのでしょうか?
水虫の専門医(専門の皮膚科)を探しています
水虫の専門医(専門の皮膚科)というのは、存在するのでしょうか?