爪水虫 爪白癬を病院に行かずに自力で治す方法

爪水虫・爪白癬を病院に行かずに自宅で治療した方法

ワタシは、ずいぶん長いこと爪水虫に悩まれていました。

 

正確には覚えていませんが十数年間は悩んだことでしょう。

 

一度「治った!」と思っても、それは冬場などで症状が隠れているだけなんです。

 

以前爪水虫のCMがありましたが、非常にしつこいのがこの病気です。

 

 

なんてわかりやすいCMなのでしょう。

 

まさに爪水虫を上手に表現していますね。

 

しつこいだけでも嫌なのに、日常生活で苦労することも多いのがこの病気です。

 

人前で素足にもなれませんし、家族や友達に病気を移してしまうのではないかと、常に心配しなくてはなりません。

 

ワタシの場合、その心配は解決しました。(ここにたどり着くために苦労しましたが)

 

病院に行って薬をもらってきたわけではありません。

 

ワタシは、爪白癬に悩まされながらも、医者に診てもらうことに強く抵抗を感じていたからです・・・

 

水虫って、誰もがかかってもおかしくない感染症です。

 

ですが、世間のイメージは

 

・不潔で足を洗ってなさそう

 

・病気を移されそうだし怖い

 

・汚くて臭そう

 

など、決して良いイメージを持っている方はいないでしょう。

 

医者も看護師さんも、医療従事者である前に人間です。

 

医療の知識を勉強をしたかもしれませんが、特別に倫理学を学んだ聖人君子の方たちと言うわけではないんです。

 

そうなるとやはり、医師としての接客はしてくれても、心の中では「うわ、汚ね・・・」と思われているのではないか、そう考えてしまい病院には行けなかったのです。

 

ええ、考えすぎかもしれません。

 

ワタシの自意識過剰かもしれません。

 

でも、ワタシのように病院に行くことに抵抗がある方は他にもいるはずです。

 

だからこそ、このサイトを作ったのです。

 

「他人に自分の水虫を見せなくても、治療できる可能性が十分あるよ!」

 

と情報のシェアをしたかったのです。

 

 

また、病院に行くことに抵抗がある方で、「恥ずかしさ」以外の問題を挙げる方も居られると思います。

 

  • 病院での治療は内服薬。その内服薬は肝臓に大きなダメージが残る怖さがある
  •  

  • 保険治療を行っても、完全に治すまでに費用が馬鹿高い(最低でも10万円)
  •  

  • 治療期間が最低でも半年。それだけかけても再発の恐れもある。さらに完治する割合は7割程度。つまり3割の人が治らない

 

最近では、日本初となる爪水虫の塗り薬「クレナフィン爪外用液10%」という医薬品が誕生したようですが、これもまたかなりの高額治療となってしまうようです。(取り扱っている病院もごくわずか)

 

ワタシの治療した方法が、ワタシに効果があったからと言って、あなたにも100%効果があるだなんて無責任なことは言いません。

 

ですが、一度試してみても良いのではないかと思えるのです。

 

だって、ワタシは完全に綺麗な爪が生えてきましたから、あなたも試す価値は十分にあると思えるのです。

 

少なくとも、ワタシの家族が爪水虫を患って悩んでいたら、この方法を真っ先に試させます。

 

それくらい、安全性が高いと思えますし、信頼できます。

 

妊婦の方や、これから妊娠を望む女性で、病院でもらう飲み薬に抵抗がある方も、ぜひ一度試して欲しいと思えます。(お子さんなんかにも良いと思います)

 

ただし、ワタシ自身、公式サイトに載っている販売文句をすべて真に受けたわけではありません。

 

サイトには、「たった一度の治療で爪水虫が完全に治る」とありますが、これについてワタシは懐疑的で、2週間に1回ペースで治療しています。

 

さすがに、一回だけで治るというのは大袈裟だろう、と思ったんですね。

 

といいますか、それはたぶん無理でしょう。

 

2週間に1回のペースは少し面倒ですが、病院通いや肝臓へのダメージを考えれば、こんなのはっきり言って楽勝です。

 

そして、何より嬉しいメリットは、この方法を知っていれば、たとえ万が一再発したとしても、次も治せるということです。(今のところ水虫には耐性菌は発見されていないようなので、同じ方法で治せると考えています)

 

病院通いの場合なら再発すれば、また10万円の費用と、気の遠くなるような治療期間、肝臓への大きなダメージの覚悟、これらが必要になりますね。

 

この治し方は何度でも利用できて、さらにはもしも家族が水虫に悩んでいるときでも困らない、おそらくですが大きな副作用もないと思われますし、応用の幅が広いというのが最大のメリットだと思っています。

 

費用も、病院での治療に比べて遥かにお手頃ですし、一度チェックされてみても損はないのではないでしょうか?

 

ちなみに、恥ずかしいですがワタシの爪の状態をお見せします。

 

爪水虫、爪白癬の画像、写真
2014年4月撮影。汚い写真を申し訳ありません。隣の健康な爪を比べて、完全に色がおかしいです。分かりにくいと思いますが、厚みがあり表面もボコボコしていて形もおかしいです。ただ、当時は市販の塗り薬を使っていましたので、爪がボロボロと崩れてくるようなことはありませんでした。でも、市販の塗り薬では治ることはなかったですね。この写真ですが、人に見せるつもりなく撮った物なので、映りが良くなくてすみません。

 

爪水虫を病院に行かずに自宅で薬を飲まずに治す
2014年8月29日撮影。爪の色が圧倒的に良くなっているのがお分かりいただけますでしょうか?下からピンク色で自然な爪が生えてきていて、どれだけ嬉しいことか!また、表面もだいぶ滑らかで平らになっています。無くなっていた爪半月も綺麗に復活しています。まだ上半分(根元の反対の先端側)に、白癬菌の色が若干残ってしまっていますが、これもあと数ヶ月経ち、もっと爪が伸びてくれれば汚い部分は消えてくれそうです。 なお、すべての画像に関して転載を固く禁じさせてもらいます。

 

写真に関しまして:自分のスマホから見ると、画像がある程度鮮明なのですが、PCから確認しましたところ、とても画面が暗く見にくいことが判明しました。
見えにくい画像で、すみません。
近日中に、現在の親指の様子をアップしますが、それは撮影時の部屋の明るさに充分注意致します。

 

足の爪水虫の完治画像
2015年6月18日撮影。完全に治っております。爪の表面も滑らかで、周りの皮膚にただれや炎症、痒みなども一切ありません。正確な期間は忘れてしまいましたが、1年も経たずして完治できたと思います。症状が完全に消えてからさらに数カ月経ちますが、再発の気配もありません。そして。写りが悪いという前回の反省点を生かし、これ以上できないくらい、部屋の照明を明るくしてフラッシュもたいて撮影しましたが、綺麗に見えていますでしょうか?

 

1枚目の写真を撮った日に、治療を始めました。

 

↓この方法で治しました。

白癬菌を退治する

 

ここ↑がワタシが、試した具体的な治療方法のサイトです。

 

「どうせ、民間療法だろ?」

 

と最初は侮っていましたが、今では買って良かったと心から思えます。

 

個人の実体験を語っているので、100人中100人の方に効果があるかどうかは分かりません。(ワタシの感想としまして、副作用などはおそらくないと思いますが、試される方は自己責任でお願いします。)

 

でも、何しても治らなかったワタシの爪水虫が今現在は完治し、再発もありません。(暑くなってきた時期でも今のところ、再発の気配は全くなしです。2017年6月現在、数回の夏を越しましたが再発は無しです。症状が無くなってからも徹底的に叩き続けたのが良かったんだと思います)

 

たぶん、家で行える方法としては最良なのではないかと考えます。

 

きっと多くの方の深い悩みを解消してくれるのではないかと思います。

 

次は、あなたも綺麗な素足と、本来の人生を取り戻してくださいね。

 

そして、海もプールもお友達の家も気兼ねなく行ける喜びを味わってください。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

爪水虫・爪白癬を病院に行かずに自宅で治療した方法記事一覧

爪水虫治療に効果的な市販薬はあるのか?

水虫の薬は、クリームタイプに水溶液タイプ、パウダータイプなど薬局・薬店で手軽に買えるものが多いですね。皮膚に感染した白癬菌でしたら、正しい使い方をすれば市販薬でも十分に治療可能だと思います。ですが、爪水虫となると話は変わってきますね。爪は硬く、さらには水虫になると厚さが増してしまうため、市販の塗り薬...

≫続きを読む

 

スタッフが男だけ女だけの皮膚科はないものか?

高温多湿の日本で暮らしている以上、誰もが感染してもおかしくない病気、水虫。それなのに、世間のイメージは「不潔」だとか「恥ずかしい病気だ」といったものが根強くあるように感じます。そんなイメージの病気になってしまった場合、皮膚科に行きたくても恥ずかしくて行けないという方が、居られるかと思います。ワタシ自...

≫続きを読む