足裏の水虫 汗と蒸れで治りにくい

足裏にできる水虫は蒸れや汗で薬が効きにくく治りにくい

足裏の水虫。

 

皮剥けタイプに、カサカサタイプ、水疱ができているタイプに、炎症が起きているタイプなどいろいろありますが、どのタイプも汗をかきやすい体質の人は薬が効きにくく、治りにくいのです。

 

原因菌である、白癬菌は湿気が大好きなのです。

 

靴を履いている状態だと体温はこもりやすく、さらに足裏に汗でもかけば、そこは水虫がとても繁殖しやすい理想的な環境。(我々の立場からすれば、理想とは真逆ですけどね(-_-;))

 

さらに、ここは高温多湿の日本という国。

 

もう、水虫天国のような環境が揃ってしまっています。

 

白癬菌にとって、それだけ理想的な環境が揃ってしまうと、抗真菌剤(医者でもらう薬や薬局で買う薬)を皮膚に塗っても、思うように白癬菌を退治できないのです。

 

靴を脱ぎ捨て裸足で生活して、毎日こまめに薬を塗ることができれば、それが治療には最も良いのですが。

 

そうもいかないことも多いでしょう。

 

仕事に学校、我々が暮らす環境は、常に靴を履かなければならないのですよね。

 

足裏に汗をかきやすい体質の方は、それだけで水虫が治りにくい状態を作りやすいのです。

 

実際、「水虫が治らない」と悩んでいる方は、この体質であることが多いようですね。

 

さらに、営業職などやられている男性は、革靴を履いて毎日たくさん歩くことも多いでしょう。

 

そうなると、蒸れやすいだけでなく、足裏の皮膚が厚くなってしまいます。

 

厚くなった皮膚には塗り薬が浸透しにくくなり、余計に治りにくいこともあり得るのです。

 

男性だけではありません。

 

女性でも、職場でストッキングを穿いていることが多いでしょうし、慣れないパンプスなど履いて外回りでも行けば、足指の付け根辺りの皮が厚くなり、そこに白癬菌が繁殖しやすくなります。

 

市販薬や皮膚科でもらった薬を塗り続けても、治りにくい環境に身を置いていれば、少しずつ少しずつ悪化していってしまうことがあり得ます。

 

足裏から、足の指先へ。

 

足の指先から爪の中へ。

 

爪の中に入ると、爪はボロボロと崩れ落ち、体中に水虫が。

 

さらには、家族やペットにまで感染拡大・・・・

 

と、これは決して大袈裟な話ではありません。

 

高温多湿の日本で暮らす以上、誰にでも起こり得る話なのです。

 

汗をかきやすい体質の方は、特に注意が必要ですね。

 

水虫というのは、不潔にしているからなる病気というわけではないわけです。

 

では、一体どうやって治療をしていけば良いのでしょうか?

 

爪に感染していなくても、内服薬(飲み薬)を併用して、治療すれば良いのでしょうか?

 

まあ、それも一つの手ではありますが、身体(肝臓)への負担はかなり大きいですし、保険診療内でも費用はかなりの額がかかります。

 

身体と懐にそこまで大きな負担をかけて治しても、環境をガラッと変えない限りは再発の恐れは十分すぎるほど考えられるのです。

 

「あれもダメ。これもダメ。一体どうしたら良いんだ?」

 

そう思われたかもしれません。

 

ワタシはこの治療をおススメしますよ。

 

この方法なら、手軽だし、費用はめちゃくちゃ安いし、肝臓への負担も全くないし、万が一再発してしまったとしてもまたすぐに治せるし、なにより病院にも行かなければ誰にも知られずに水虫の治療ができます。

 

もう、本当にいいことずくめ!

 

こんな素敵な情報、人に教えたくないくらいですよ(笑)

 

詳しくは、こちらの記事に書いていますので興味のある方は読んでみてくださいね。⇒病院に行かずに自宅で治せる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

足裏の水虫 汗をかきやすいタイプは薬が効きにくい関連ページ

水虫を生活の中で予防するには?
水虫にならないために気を付けるべき点は?日常生活の中で予防していくにはどうしたら良いのでしょうか?
白癬菌、爪水虫の治療と対処法
白癬菌、爪水虫の治療と対処法について考察します。