爪水虫 爪白癬を病院に行かずに自力で治す方法

白癬菌、爪水虫の治療と対処法

白癬菌に感染してしまった・・・爪水虫になってしまった・・・そんなときの対処法と治療法についてご説明いたします。

 

衛生的な生活環境を整える

水虫にしろ爪白癬にしろ感染すると、ボロボロと皮膚や爪が剥がれ落ちて、部屋中に感染源となる白癬菌がバラ撒かれやすくなります。
ですので、部屋の掃除やこまめにシーツを洗うというのは感染拡大や治療において非常に大事なことです。
実際、シーツにばら撒かれた菌により、全身に転移してしまうことも少なくないと言います。
また、水虫は高温多湿を好むことから、通気性の良い靴を選ぶことも重要です。
毎日お風呂で、足を洗うことも忘れてはいけません。
風邪などの理由でお風呂に入らない日でも、足を洗う習慣を身につけると良いですね。

 

治療には根気がいる

白癬菌に感染してしまうとは、完治までには非常に時間と根気が必要です。
皮膚などで3か月、爪水虫となると半年〜1年は続けた方が良いと言われています。
症状が良くなったように見えたとしても、完治しているとは限りません。
角質層の奥深くに菌が残っている場合、治療を止めるとまた再発して、さらなる悪化に繋がってしまう恐れがあります。
症状が消えた後でも、その後数カ月は治療を続けた方が良いかもしれません。
また、完璧を期すためには夏場などの高温多湿の状況では、再発防止のために水虫治療を再開するというのも一つの手です。

 

 

市販の薬や病院に行くのも良い手

治療費が高食治療期間が長いことから費用の問題や、水虫と言う不潔なイメージがる病気の治療で人と対面しないといけないことから、病院や薬局を避けたい気持ちも分かりますが、市販薬や病院というのは治療をする上でなかなか良い手と言えるでしょう。
ただし、爪水虫の場合、薬局で買える市販薬では治りません。
病院で処方される飲み薬による治療となりますが、この薬は肝臓へのダメージが大きいといでメリットがあるので、敬遠されやすい薬であることも確かです。

 

ワタシが爪水虫を治したおすすめの方法

ワタシは病院へ行かずに、自宅で治療に成功しました。
費用も安く抑えましたし、副作用0で、とても健康的。
おすすめの方法の記事はこちら⇒爪水虫・爪白癬を病院に行かずに自宅で治療した方法

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

白癬菌、爪水虫の治療と対処法関連ページ

水虫を生活の中で予防するには?
水虫にならないために気を付けるべき点は?日常生活の中で予防していくにはどうしたら良いのでしょうか?
足裏の水虫 汗をかきやすいタイプは薬が効きにくい
足裏の水虫。カサカサタイプや水疱タイプ、どちらも汗をかきやすいと薬が効きにくいので注意。