爪水虫 爪白癬を病院に行かずに自力で治す方法

水虫にならないために気を付ける点と、予防法

水虫に感染しないために、日常的にできる予防方法ってないものでしょうか?

 

予防は、ご家族に水虫の患者がいるかいないかによって多少変わってきます。

 

ご家族に水虫の方がいない場合

 

足は清潔に
白癬菌(はくせんきん:水虫の原因菌)は、身体に付着しても健康的な免疫を持った方であれば、24間以内に洗い流せば感染しないとされています。
足の指の間や、爪周りも綺麗に洗えると清潔ですね。
毎日、足を石鹸で綺麗に洗う癖をつけた方が良いでしょう。
たとえ風邪などでお風呂に入らない日でも、足だけは洗う習慣をつけておくと良いですね。
とくに、病院やスポーツジム、サウナ、旅行などに行った日は、念入りに足を洗った方が良いですよ。

 

足をなるべく乾燥させておく
白癬菌は、カビなのでジメジメした環境を好みます。
ですので、同じ靴下を履き続けたり、足が濡れたのに放置したりというのは、あまり好ましいとは言えません。
女性の場合、通気性の悪いストッキングを履かれる生活習慣も要注意です。
また、雨の日に靴の中まで水が入ってくるというのも、水虫視点で考えると有難い環境と言えるでしょう。
ぜひ、足は乾燥させるようにする癖をつけておくことをおススメします。

 

毎日同じ靴は履かない
毎日同じ靴を履くと、靴の中がどうしても雑菌の繁殖しやすい環境になってしまいます。
とくに革靴や、通気性の悪い分厚いスニーカーなどは要注意。
出来るだけ通気性の良い靴を選び、靴は数足用意し、それらを使いまわせることが理想です。
また、雨に靴が濡れた後などは湿気が多なりく、白癬菌の繁殖しやすい環境になります。
ぜひ、こまめに干して湿気の少ない靴にしておくことをおススメします。

 

ご家族に水虫の方がいる場合

水虫に感染している部位はボロボロと皮膚が剥がれ落ちるケースが多く、同じ家で暮らしている家族やペットに感染しやすいのです。
とくに、スリッパや絨毯、バスマットからは水虫が移りやすいことが言われていますので、注意が必要です。
また、爪切りの家族間の使い回しも要注意。
ご家族の中に水虫の方が居られる場合、爪切りは自分専用のものを用意した方が良いでしょう。
爪という感染したら非常に厄介な部位なのですし、爪切りはとくに高級品と言うわけではありません。
ぜひ、ご自分専用のものを用意してみてくださいね。

 

また、家族間での感染と言いますと、衣類からの感染を恐れている方も多いようですね。
「靴下なんかの洗濯物を、一緒に洗っても大丈夫?」
という心配です。
ご安心ください。
白癬菌は洗濯の水でで流されますので、洗濯物を同じにしたからといって移らないと言われています。
どうしても心配な方は、回転式の衣類乾燥機をお使いください。
衣類乾燥機は、かなりの高温になりますから、白癬菌は完全に死滅しますよ。

 

 

 

水虫は、皮膚に感染した時でも完治するまでに3〜4か月かかると言われています。

 

爪水虫にでもなってしまったら、治療にもっと長い月日が必要になります。

 

適切に治療すれば、症状は早い段階で落ち着いたように見えることがありますが、完治したわけではありません。

 

そこで治療をやめてしまうと、症状はぶり返し、悪化、さらには他の部位や他の人に感染が拡大することもあります。

 

実は、とても厄介な病気、それが水虫なのです。

 

ぜひ、予防の段階に力を入れてみてくださいね。

 

つづき⇒治療法は?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

水虫を生活の中で予防するには?関連ページ

白癬菌、爪水虫の治療と対処法
白癬菌、爪水虫の治療と対処法について考察します。
足裏の水虫 汗をかきやすいタイプは薬が効きにくい
足裏の水虫。カサカサタイプや水疱タイプ、どちらも汗をかきやすいと薬が効きにくいので注意。