爪水虫 爪白癬を病院に行かずに自力で治す方法

体中に感染する白癬菌・水虫

足の病気のイメージが強い、水虫ですが、実は体中に感染します。

 

原因菌の白癬菌が、身体のどこの部位に感染するかで病名も変わるのですが、すべて白癬菌と呼ばれるカビの感染によって引き起こされる病気なのです。

 

身体の上から順に説明しますと。

 

頭に感染すると・・・頭部白癬(とうぶしらくも)と呼ばれます。
頭部が水虫になると、患部は炎症し脱毛が起こります。痒みがない場合が多く、毛穴は赤く腫れます。
感染した部位の毛を引っ張ると、毛があっさりと抜けるようです。

 

また、毛穴の奥で毛根を包んでいる部分を破壊してしまい、難治性の脱毛を伴うものはケルズス禿瘡(けるずすとくそう)と呼ばれます。(難治性とは・・・症例数が少ないものや、治療法が確立されていない疾患、長期間生活に支障を及ぼすものなどのこと。)
ケルズス禿瘡は、乳幼児に多いとされています。

 

身体部分に感染すると・・・体部白癬(たいぶたむし)と呼ばれます。
体(頭部、手足、股の内側以外)に感染した水虫は「たむし」と呼ばれます。
顔、お腹、背中、脇の下、手の甲や足の甲まで、体中の様々な部位に感染する可能性を秘めています。
初期は赤い湿疹ができて、その後真ん中が白っぽい赤い輪のような形になり広がっていきます。
痒みは強く、掻いた爪からさらに感染拡大が起こりえます。

 

股に感染すると・・・股部白癬(こぶはくせん)、一般的には「いんきんたむし」と呼ばれます。
赤い湿疹ができて、強い痒みも生じます。
股や内腿(うちもも)は蒸れやすい場所ですので、菌が繁殖しやすいのです
股部白癬は男性に多い症状ですが、女性にもみられますし、男女間の性行為(エッチ)などで感染拡大の恐れもあります。
いんきんに関しての詳しい記事は⇒いんきんたむしの原因や治療方法

 

足底や足の指に感染すると・・・足白癬(あしはくせん)。これが一般的に言われている「水虫」ですね。
足白癬は数通りのパターに別けることができます。

 

まず、指の間がジュクジュクとふやけたようになってしまう趾間型(しかんがた)。
かゆみを伴うタイプで、最も多くみられる水虫です。

 

次に皮膚が硬くなりひび割れを起こす症状の角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)。
高齢者の水虫は、このタイプが多いと言われ、この場合痒みが少ないことが多いようです。
皮膚がぽろぽろと剥がれ落ちるので、周りの人や動物、ご自身の身体の他の部位に感染拡大がしやすいタイプの水虫です。

 

若い世代には、小さな赤い水疱(すいほう)ができるものが比較的多いとされていて、この場合痒み激しいようです。
このタイプを、小水疱型)しょうすいほうがた)を呼びます。
できてしまった水疱が目立たずに、皮が少しだけ剥けるだけの人もいるので、皮がむけて痒みが出たら要注意です。

 

手の爪や足のつめに感染すると・・・爪白癬(つめはくせん)と呼ばれ、一般的には爪水虫で通っています。
色は白濁するか、黄色く変色する場合が多く、爪は厚くなりボロボロと崩れ落ちます。
そのため、他の人やペット、ご自身の他の部位への感染も広がりやすくなる症状です。
爪水虫は初期では自覚症状がないことも多いので、気を付けねばなりません。

 

さて、すべての症状に言えることですが、痒みを伴わないものや、病気だと自覚しにくいものもあります。

 

体のどこに感染しようとも、早めに対処・治療を行った方が圧倒的に有利です。

 

ぜひ、早め治療を心掛けると良いかもしれませんね。

 

足の水虫や爪白癬はもちろん、全身の白癬感染の治療をしたい方はこちらの記事を参考にどうぞ。
治療方法

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

体中に感染する白癬菌・水虫関連ページ

爪水虫・爪白癬の症状と感染の経路
爪水虫というのはどんな症状なのでしょうか?そしてどういう経路で感染していってしまうのでしょうか?
爪水虫の原因菌である白癬菌とは
爪水虫の原因菌である白癬菌とはいったいどんな菌なのでしょうか?
水虫を放置するとどうなるのか?自然に治るのか?
水虫を放置したらどうなるのでしょうか?免疫力で自然治癒するのでしょうか?
水虫は治らないのか?間違えやすい病気
水虫は治らない、という話を聞きます。その理由と、間違われやすい病気についてもお話しします。
老人(高齢者)の爪水虫治療は寿命にも関係する
老人(高齢者)の爪水虫は、寿命にも関係。転倒や慢性炎症にも繋がる、とても恐ろしい病気です。一刻も早く治療すべきかもしれません。ご本人や介護者ご家族の方にも。
爪がでこぼこしている水虫か?ボロボロの場合は?
爪が凸凹していると、それは水虫なのでしょうか?また、ボロボロと崩れてしまう場合は?
水虫?蕁麻疹?
体に湿疹ができて、水虫と蕁麻疹の区別がつかないことってあるかもしれません。また、水虫を放置すると全身に蕁麻疹が出ることもあります。