白癬菌は完治しない?間違われやすい病気とは

水虫は完治しない?間違いやすい病気もある

水虫やタムシ(身体に感染した白癬)は、治らないという話を聞きます。

 

確かに、爪に感染した白癬菌は皮膚科の治療では治りにくい場合もあるようです。(初期なら治ります)

 

でも、皮膚に感染した白癬が治らないという人がいるのはどういうことなのでしょうか?

 

理由としてまず考えられるのは、まだ完治していない段階で、治療を止めてしまう方がいること。

 

なぜ治療を止めてしまうのかと言えば、

 

  • 症状が一時的に治まったため、完治したように錯覚してしまう
  •  

  • 爪水虫の場合、費用が高額なため続けられない

 

多くの場合は、このどちらかのようです。

 

そして、全く違うパターンのこともあります。

 

それは、そもそもが白癬菌に感染していないケースもあるのです。

 

実は、水虫に似た間違われやすい皮膚炎がいろいろとあります。

 

ここでは、間違いやすい病気を紹介します。

 

汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)

 

汗疱状湿疹は、異汗性湿疹(いかんせいしっしん)とか、指湿疹(ゆびしっしん)と呼ばれることもあります。

 

簡単に言えば、汗が外に出ずに炎症を起こしてしまっているのです。

 

手のひらや、足の裏に小さな水疱が左右対称にできます。

 

痒みや不快感があることや、春や夏に悪化することから水虫と間違えてしまうことが多いのです。

 

かかとのひび割れ

 

若年層よりも年配の方に多い、かかとのひび割れ。

 

全体重を支えている足の裏は、どうしても角質層が厚くなりやすいのですね。

 

さらに、乾燥しやすい部位ですので、潤いが減って弾力が無くなり、冬場など乾燥する時期になるとひび割れ状態になってしまうわけです。

 

水虫でもかかとがガサガサになることがあるのですが、二つは全く別のものです。

 

ただし、かかとの角質層が厚くなると、水虫に感染してしまったときに薬剤が届かずに治療が困難になることがあります。

 

解決策としては、かかとの角質を削るよりも、保湿を心掛けた方が良いかもしれません。(白癬菌に感染している場合は、保湿が逆効果になるのでお気をつけて)

 

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

 

手のひらや足の裏に、無菌性の膿疱が繰り返し出現する慢性で難治の病です。

 

爪の変形が現れることもあり、爪水虫と間違えやすいのです。

 

ビタミンB群の一種であるビオチン不足や、喫煙の影響などの原因の可能性があると言われています。

 

接触皮膚炎(せっしょくせいひふえん)

 

いわゆるかぶれのことです。

 

物理的な刺激や、アレルギー物質に触れてしまったことで起こる皮膚炎とがあります。

 

ちなみに、ワタシの場合。

 

海外の水虫治療薬を使っていたら、接触皮膚炎になってしまった過去があります。

 

薬剤アレルギーが出たのは生まれて初めてでした。

 

あれは、もう二度と使いたくありません。(詳しくはこちらに⇒クリアネイルは効果があるのか?副作用は?)

 

水虫は治る病気

 

水虫は治る病気です。

 

でも、途中で治療を止めてしまったり、他の病気と間違えている場合では、治らないと勘違いしてしまうのです。

 

正しく治療を続けているにもかかわらず、改善しない場合は他の病気を疑ってみても良いかもしれません。

 

正しい治療とは、ワタシの経験的に以下の方法が一番良いと、心底実感しております。(最も治りにくい爪水虫が治っています)
爪白癬を病院に行かずに治した方法

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

水虫は治らないのか?間違えやすい病気関連ページ

爪水虫・爪白癬の症状と感染の経路
爪水虫というのはどんな症状なのでしょうか?そしてどういう経路で感染していってしまうのでしょうか?
爪水虫の原因菌である白癬菌とは
爪水虫の原因菌である白癬菌とはいったいどんな菌なのでしょうか?
体中に感染する白癬菌・水虫
足の病気というイメージが強い水虫ですが、白癬菌は体中に感染します。
水虫を放置するとどうなるのか?自然に治るのか?
水虫を放置したらどうなるのでしょうか?免疫力で自然治癒するのでしょうか?
老人(高齢者)の爪水虫治療は寿命にも関係する
老人(高齢者)の爪水虫は、寿命にも関係。転倒や慢性炎症にも繋がる、とても恐ろしい病気です。一刻も早く治療すべきかもしれません。ご本人や介護者ご家族の方にも。
爪がでこぼこしている水虫か?ボロボロの場合は?
爪が凸凹していると、それは水虫なのでしょうか?また、ボロボロと崩れてしまう場合は?
水虫?蕁麻疹?
体に湿疹ができて、水虫と蕁麻疹の区別がつかないことってあるかもしれません。また、水虫を放置すると全身に蕁麻疹が出ることもあります。