爪水虫 爪白癬を病院に行かずに自力で治す方法

爪水虫の症状と感染経路

爪水虫は、白癬菌というカビの一種の真菌が引き起こす病気です。

 

白癬菌を平たく言えば、水虫の原因菌そのもの。(原因菌に関して詳しくは→爪水虫の原因菌である白癬菌とは)

 

足の裏や、足の指周りなどに感染すれば足白癬。

 

いわゆる、水虫と呼ばれる症状になります。

 

そして、その真菌をすぐに治療せずに放置してしまったり、治療してもしっかり治っていなかった場合など、爪の中に真菌が入り込んでしまうことがあるのです。

 

すると、それが爪白癬(爪水虫)になります。

 

多くの場合は初期段階は爪ではなくて、足の指先など爪に近い場所が水虫になってしまうというケースが多いのです。

 

水虫というと誤解の多い病気のように思えます。

 

たとえば、不潔なイメージを持たれやすいのですが、インフルエンザなどと同じく感染症です。

 

他にも、中年以降の男性の病気と思われがちでもある水虫ですが、近年若者や女性の間でも悩む人が多くなっている病の一つなのです。

 

「水虫」と聞くと、どうして一般的には汚いイメージが持たれてしまいがちなのかというと。

 

それは、足の爪をこまめに切らずに伸ばしていると、汗や垢など汚れが溜まりやすく、そういった部分は湿気も多いため白癬菌の温床となってしまうということが一つと。

 

もう一つは、こうした不衛生な環境で感染しやすいことと、他人に移る病気のイメージが強いためかもしれません。

 

ただ、白癬菌への感染も真菌が肌に触れてもその日のうちに石鹸で洗い流せば、健康な人であれば感染しないとされています。

 

湿気が多い場所を好む菌なので、長い時間ブーツや厚手のスニーカーなどを履いていたり、雨に濡れた靴などを長時間履いていたりすると感染しやすくなってしまうのですが。

 

また、厄介と言えるのが、爪水虫は初期段階では白っぽく濁ったような色に変わるだけで、多くの場合自覚症状はありません。

 

自然治癒することも無い病気ですから、自覚症状がない分、徐々に症状は悪化していってしまうわけです。

 

爪の色は、黄色や黒に変色し、爪そのものも厚みが増していき形も次第に変形していきます。

 

非常にもろくボロボロと崩れ、白癬菌を家中にばら撒くことにも繋がってしまうのが、この病気の恐ろしさの一つです。

 

ボロボロの爪

 

家族やペットへの感染拡大や、ご自身の身体の他の部位への感染も良くある例ですね。

 

一つだけ言えるのは、自然治癒しない以上、自分の体の異常を少しでも感じたら、すぐに対策を打った方が良いでしょう。

 

悪化、本人の中での感染拡大、家族やペットに対する感染拡大・・・・良い事は一つとしてありません。

 

この記事をまとめます。

 

  • 白癬菌とはカビであり感染症である
  •  

  • 男性の病気というイメージが強いが、女性の多くも悩まされている
  •  

  • 爪水虫は、足の指の水虫から始まることが多く、初期症状では自覚がないことが多い

 

大事なことは、迅速な対策です。

 

ぜひ、早めの対策、早めの治療をしてみてくださいね。
治療方法

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

爪水虫・爪白癬の症状と感染の経路関連ページ

爪水虫の原因菌である白癬菌とは
爪水虫の原因菌である白癬菌とはいったいどんな菌なのでしょうか?
体中に感染する白癬菌・水虫
足の病気というイメージが強い水虫ですが、白癬菌は体中に感染します。
水虫を放置するとどうなるのか?自然に治るのか?
水虫を放置したらどうなるのでしょうか?免疫力で自然治癒するのでしょうか?
水虫は治らないのか?間違えやすい病気
水虫は治らない、という話を聞きます。その理由と、間違われやすい病気についてもお話しします。
老人(高齢者)の爪水虫治療は寿命にも関係する
老人(高齢者)の爪水虫は、寿命にも関係。転倒や慢性炎症にも繋がる、とても恐ろしい病気です。一刻も早く治療すべきかもしれません。ご本人や介護者ご家族の方にも。
爪がでこぼこしている水虫か?ボロボロの場合は?
爪が凸凹していると、それは水虫なのでしょうか?また、ボロボロと崩れてしまう場合は?
水虫?蕁麻疹?
体に湿疹ができて、水虫と蕁麻疹の区別がつかないことってあるかもしれません。また、水虫を放置すると全身に蕁麻疹が出ることもあります。