爪水虫 爪白癬を病院に行かずに自力で治す方法

爪水虫・爪白癬ってどんな病気なのか?

爪水虫って、いったいどんな病気なのでしょうか。

 

白癬菌というカビのが、皮膚の角質層に住み着いてしまうのです。

 

ケラチンと呼ばれるタンパク質をを栄養源にして繁殖しているのですが、患部を掻いたり触ったりした手で、身体の他の部位を触ってしまうと、体中どこにでも感染拡大の恐れのある怖い病気なのです。

 

水虫というのは、治療に長い時間を要し、再発するリスクも高く、実はとても厄介で恐ろしい病気なのですよ。

 

爪水虫・爪白癬の症状と感染の経路

 

爪水虫の原因菌である白癬菌とは

 

体中に感染する白癬菌・水虫

 

爪水虫は自分の力で治す⇒爪水虫・爪白癬を病院に行かずに自宅で治療した方法

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

水虫・爪白癬ってどんな病気?記事一覧

爪水虫・爪白癬の症状と感染の経路

爪水虫は、白癬菌というカビの一種の真菌が引き起こす病気です。白癬菌を平たく言えば、水虫の原因菌そのもの。(原因菌に関して詳しくは→爪水虫の原因菌である白癬菌とは)足の裏や、足の指周りなどに感染すれば足白癬。いわゆる、水虫と呼ばれる症状になります。そして、その真菌をすぐに治療せずに放置してしまったり、...

≫続きを読む

 

爪水虫の原因菌である白癬菌とは

白癬菌とは「はくせんきん」と読みます。この白癬菌こそが、水虫や爪水虫の原因菌です。菌と言っても、一般的なばい菌(雑菌)に代表されるようなサルモネラや、O-157のような病原性大腸菌とは違い、真菌(カビ)です。そう、お風呂場で見かける黒カビなどの仲間です。カビが身体に生えてしまうというのは、いささか怖...

≫続きを読む

 

体中に感染する白癬菌・水虫

足の病気のイメージが強い、水虫ですが、実は体中に感染します。原因菌の白癬菌が、身体のどこの部位に感染するかで病名も変わるのですが、すべて白癬菌と呼ばれるカビの感染によって引き起こされる病気なのです。身体の上から順に説明しますと。頭に感染すると・・・頭部白癬(とうぶしらくも)と呼ばれます。頭部が水虫に...

≫続きを読む

 

水虫を放置するとどうなるのか?自然に治るのか?

「たかが、水虫だろ?命まで奪われるわけじゃないし。見た目が汚いとか、美容的な問題だろ?治療なんてしなくていいよ。ほっとけ、ほっとけ。」そんなイメージを持って、この厄介な感染症を放置してしまう患者さんがいるそうです。でも、待ってください。実はこの病気、ただの軽い皮膚炎ではないのです。軽視して放っとくの...

≫続きを読む

 

水虫は治らないのか?間違えやすい病気

水虫やタムシ(身体に感染した白癬)は、治らないという話を聞きます。確かに、爪に感染した白癬菌は皮膚科の治療では治りにくい場合もあるようです。(初期なら治ります)でも、皮膚に感染した白癬が治らないという人がいるのはどういうことなのでしょうか?理由としてまず考えられるのは、まだ完治していない段階で、治療...

≫続きを読む

 

老人(高齢者)の爪水虫治療は寿命にも関係する

老人の介護施設に行くと、入居者の多くが爪水虫だと言われています。高齢者は免疫力が若いころよりも落ちている上に、集団生活となると感染しやすいのでしょう。ある統計によれば、60歳以上の年齢の方の25%が爪水虫。実に4人に1人の状態です。爪ではなく、体のどこかに白癬菌(原因菌)が感染している状態となれば、...

≫続きを読む

 

爪がでこぼこしている水虫か?ボロボロの場合は?

爪がでこぼこの場合は爪水虫なのか?結論から言いますと、水虫の場合でも爪がでこぼこになることはありますが、爪がでこぼこしているからと言って水虫だとは限りません。そもそも、一言に「デコボコ」と言っても、いろんな見た目のパターンがあると思います。見た目の特徴でいえば、大きく2通りにわけられるように思います...

≫続きを読む

 

水虫?蕁麻疹?

水虫と蕁麻疹は全く別の病気です。水虫は、白癬菌という真菌に感染してしまうことで起こる皮膚の病気ですが、蕁麻疹は原因がよく分からないことが多いのです。じんましん急に虫さされのような盛り上がりのある赤みやミミズ腫れが、体のいたるところに出現し、かゆみを伴います。このような皮疹は放っておいても数時間で消え...

≫続きを読む